【韓国経済】米が韓国を予備違法漁業国指定が話題!! 【韓国 反応】【韓国 崩壊】





お疲れ様です。いちかです。
今日のニュースと戯言・独り言をはじめます。
韓国がアメリカに基地返還問題で仕掛けている中、今後はアメリカの逆襲が始まったみたい。
なんと韓国はアメリカ政府から『予備違法漁業国』に指定されたのだ。
これだけ聞くと悪い子をしたから指定したってことだよね。
実際に指定されるとどうなるのか、なぜこのタイミングなのか、これらについてネットの反応を交えながら紹介していくね。
 
ニュースの内容
韓国メディアは19日、アメリカ政府から予備違法漁業国に指定されたことを報じた。
別名予備IUU漁業国とも呼ばれている。
違法漁業は国際的な問題になっていて、日本で言えば北朝鮮が日本の排他的経済水域内で許可なくイカ釣りなどをした事案が違法漁業なのである。
しかも韓国が予備違法漁業国に指定されたのはこれが初めてではない。
2013年に韓国漁船が南極水域で違法漁業をして摘発されたのに韓国政府が十分な制裁をしなかったという理由から指定された経緯があるからだ。
2015年に韓国は予備違法漁業国から解除されている。
今回は前回同様に南極水域で韓国船籍の『サザン・オーシャン号』と『ホンジン701号』が違法操業をしていたことが発端となっている。
なお、国際機関の1つである南極の海洋生物資源の保存に関する委員会が南極生物保全措置を取り決めている。
その中に、南極水域での漁場を閉鎖が含まれているのだ。
予備違法漁業国に再指定されてしまった韓国だが、当事者たちは漁場閉鎖通知メールが迷惑メールに分類されてしまったために確認できなかったことや単純に電子メールのチェックを怠っていたという趣旨の言い分を韓国メディアに語ったそうだ。
米商務省傘下の海洋大気局(NOAA)は、韓国を予備IUU漁業国に指定するという内容が盛り込まれている
『2019年版の国際漁業管理改善報告書』を議会に提出し、問題がなければ承認される見込みだ。
この指定により、今後において韓国漁船がアメリカの港に入港できなくなったり、輸出に制約が生じたりするという市場制裁的な措置はないが、
このタイミングでの発表はアメリカにおける政治的メッセージの意味合いが強いと一部専門家は指摘している。
もし今後の過程で正式に【違法漁業国】に格上げされてしまうと、事実上韓国は自国の排他的経済水域内でしか漁業が出来なくなることを意味する。
 



いちかの戯言、独り言!
韓国は日本のみならず世界に対して迷惑をかけているわけね。
それじゃあ、ある意味日本たたきを繰り返している韓国を異常だと認識する国は今後増えていくだろうね。
それにしてもこのタイミングでの発表には何か意図があるのかな?
ネットの反応を見てみよう!
 
「指定2回目って、もうアウトでしょう。アメリカ人が仏なら『仏の顔も三度まで』って2度目までなら許すかもしれないが、キリスト教徒が多い国にそのような甘い概念は存在しない」
「漁場閉鎖した後で他国が消えてその間に「取り放題や」と思って3日間違法操業。
バレたあと、60日の営業停止(その間、船のメンテナンス)と激甘な対処したんでアメリカから激辛な制裁食らったわけだ」
「さて、アメリカは韓国に対して新たなカードを手に入れた!文政権がアメリカ政府が求める水準の防衛費増額などの要求を飲まなければ、
完全に違法漁業国に認定して韓国漁業を潰すこともできるようになったわけだ。文大統領は自国民に足を引っ張られたことになるな」
「またも自爆乙。この国はどこまでキチガイなんだ」
「だから韓国人はクズなんだ。これでわかっただろう。
タンザニアを巻き込んで『独島コイン発行』なんて嘘をつくぐらいだぞ!世界的に信用されないのはこの件で再認識した感じだな」
 
つまり、韓国はもうアメリカはもちろんのこと世界的に信用を失っているとみていいね。
タンザニアの件もそうだし。
 
もし世界全体で韓国が一斉に日本やアメリカなどの重要な国から断交されたら、韓国はどうなるだろうか?
恐らく、敢えて断交政策を取らない中国が韓国を取り込む形で『北朝鮮一体化政策』を推し進めるだろうな。
これ以上信用を失えば、国そのものがなくなってしまうことをそろそろ韓国人は気づくべきだと思うけど。
 
アメリカ政府は韓国を予備違法漁業国に指定する方針を固めた。
韓国が南極水域で違法漁業をしていたからである。
指定されて以降2年間は、アメリカは韓国の改善措置をめぐり地位変更のための判断を下すものと見られる。
つまり、アメリカ次第で予備違法漁業国の解除か【違法漁業国】に格上げするのか決まるのである。
韓国はアメリカに対してまた1つ弱みを握られてしまったことになり、今後の政局にも影響を及ぼすものみられている。